肌の乾燥は日常の何気ない行動からも引き起こる!

2019.11.2   スキンケア

肌の乾燥は日常の何気ない行動からも引き起こる!

風が冷たい季節になっていくと同時に、肌の乾燥を気にする方が増えてきます。

しかしスキンケアを丁寧に行っているにも関わらず、肌の乾燥が進んでしまったと感じている方もいるでしょう。

スキンケアを丁寧にしても肌の乾燥状態が変わらないという方は、もしかしたら日常の何気ない行動によって肌の乾燥を悪化させている可能性があります。

どのような日常の行動が、肌の乾燥を招いてしまうのでしょうか?

日常の行動を見直してみよう

肌が乾燥してくる季節になると、さらに丁寧なスキンケアを心掛けようと考える方は多いです。

ただし、日常的なスキンケアがさらに乾燥状態を加速させている可能性があります。

普段のスキンケアで以下のような行動を行っている場合、日常の行動やケアが間違っている可能性があります。

 

・顔を手で触る癖がある
・顔に常に髪が触るヘアスタイルになっている
・寝る時はいつもうつぶせの状態
・1日の中でマスクをしている時間が長い
・洗顔料を長時間顔に乗せた状態にしてから洗う
・クレンジングは時間をかけて念入りにくるくると肌をマッサージしている
・スクラブ入りの洗顔料を日常的に使用している
・化粧品や乳液を肌に塗りこんだり、コットンでパッティングする
・ファンデーションは肌に密着させるためにスポンジなどで重ね塗りをする
・Tゾーンなどの皮脂を抑える化粧品を部分的ではなく顔全部に使用する

 

日常の行動であるため、乾燥の原因に初めて気が付いた方もいるのではないでしょうか。

上記の行動に多く該当している場合、肌が常に乾燥している可能性があります。

 

日常から改善できる方法

毎日の行動であるため、なぜ間違ったスキンケアなのか気が付かなかったという方も多いかと思います。

上記の10項目に多く当てはまる場合、日常の行動によって肌の乾燥を引き起こしている場合があるので注意しましょう。

最初の項目である顔を手で触ったり髪が常に顔に触る、またうつ伏せでまくらやタオルが顔に触れていたりマスクなどが当たるなど、顔に触れる時間が長い場合、日常的な肌への接触が刺激となり、乾燥を招いている可能性があります。

できるだけ肌に触れて刺激を与えることを避けると良いでしょう。

 

洗顔料を長時間顔に乗せた状態にしたり、クレンジングに時間をかけて念入りに肌をマッサージしたりする場合、クレンジングや洗顔料の成分によって肌が乾燥している可能性が高いでしょう。

肌の汚れを落とす洗顔料やクレンジングは界面活性剤が使用されており、汚れを落とすためには欠かせないのですが、使用方法によっては肌に必要な成分も落してしまう場合があります。

使い方によっては、肌にとって刺激になりかねないので、洗顔やクレンジングにかける時間はできるだけ短くし、擦らずに泡で汚れを浮かせるイメージで使いましょう。

丁寧に洗い流すのもポイントです。

 

スクラブ入りの洗顔料には古くなった角質を落とす成分が配合されていますが、日常的に使用している場合は必要な角質まで落としている可能性があります。

また、頻繁に使用することで、肌が傷付いてしまう可能性もあるので注意しましょう。

 

化粧品や乳液を肌に塗りこんだり、コットンでパッティングしたりしている場合、肌に塗り込んで擦ることやコットンが刺激になって乾燥を招いている可能性があります。

ファンデーションを塗るためのスポンジにも同じことが言えるでしょう。

そのため、出来るだけコットンやスポンジではなく手や指を使い、優しく軽く肌に触れるようにしましょう。

 

額や鼻、あごのTゾーンに比べて頬や口周辺などのUゾーンは皮脂が少なくなっています。

しかし顔全体にTゾーン対策の化粧品を使用してしまうと、皮脂の少ないUゾーンは皮脂不足となり、皮脂のバランスが崩れて肌が乾燥します。

専用の化粧品は指定された部分のみに使用し、肌に合った化粧品を再度選び直してみましょう。

 

 

肌の刺激を減らして乾燥を改善するには?

肌への日常的な刺激によって肌が乾燥してしまうことが分かりましたが、肌への刺激を減らして乾燥を予防するためには、他に何を行うと良いのでしょうか?

肌はとてもデリケートな部分であり、表皮はわずか0.2mm程になっているため、些細な刺激も大きなダメージになってしまいます。

そのため、薄い表皮を守るためには刺激を与えずに丁寧なスキンケアを心掛けると良いでしょう。

スキンケアのタイミングは入浴後で、なるべく早く行うことがポイントです。

入浴後は、肌が水分を含んだ状態で角質も柔らかくなっているため、化粧水も浸透しやすい状態となります。

化粧水は叩くように付けるのではなく、手で顔を包み込むように浸透させ、乾燥が気になる場合はフェイスマスクなどを使用しましょう。

また、肌に負担となったダメージを整えるための化粧品などを併用し、肌を潤いのある状態に改善させるのも効果的です。

 

日常的な行動が肌にとって大きな負担となってしまうことがあります。

肌への刺激を考えながら行動を見直して、健やかで美しい肌を作り上げていきましょう。


ジュランツのほぼ全ての商品を約1週間お試しいただける、とてもお得なセットです。
スペシャル トライアルセット
>> 詳細はこちら

とろけるように心地よくお肌となじむジュランツのほぼ全ての商品を約1週間お試しいただける、とてもお得なセットです。
リファイン リッチローション
>> 詳細はこちら
気になる目元にうるおいチャージ
リファイン アイクリーム
>> 詳細はこちら
翌朝、目覚めた時の感動を
リファイン リッチクリーム
>> 詳細はこちら

うるおいを包み込み、ハリを与え透明感のある肌へ
タカスホワイト ミルク
>> 詳細はこちら